別荘建築で重要視したい間取り

海でも山でも大自然を感じる設計

都会とは違う別荘ならではの設計 / 海でも山でも大自然を感じる設計 / 別荘を建設するコスト

海で平屋家屋を持ちたいという場合は、3LDKの間取りがおすすめです。
海風を室内に十分に取り入れるのがいいので、大きなリビングに窓を設けましょう。
縁側があれば日差しもたくさん入れることができます。
ここで幼いお子さんがいるご家庭なら、必ず中庭を作っています。
その理由は、日頃暮らしている都会とは違い、思いっきり大自然を感じながら暮らせるようにしたいからです。
中庭があることで自然とお子さんたちも屋外に出て、全身で太陽光線を浴びるものです。
なお、沖縄や奄美大島などといった地域の場合、台風の被害も予想されます。
そのため、必ず強度がある鉄筋コンクリート作りで住まいを設計しています。
次に山がある場所で別荘を建設する際は、天然素材をそのままに生かした内装をおこないましょう。
木造建築だと梁がそのまま見える形となり、昔ながらの山小屋風に仕上げることも可能です。
ここで注意をしたいのが、周辺の景色にいかにして溶けこむのかということです。
外壁塗装をして強度を高めたいと考える方もいらっしゃいますが、それを行うと溶けこむことができません。
そのため、あえて自然のままに劣化をしていく住まいだということを念頭において、建設をするのが賢明です。
日本古来の建築方法を駆使すれば、100年程度は十分に耐久性を発揮します。
あえて環境を乱すような処置はすることはないわけです。

山の上の別荘地(笑)に住んでる私、この四季を感じる場所が大好きだ。

色とりどりの木々、葉、大自然素晴らしく綺麗。

— あずみん (@sleepy_15) November 27, 2019